●活動内容●

「しゃーねこ家」とは

 

日本では、1年で約35,000頭の猫が殺処分されています。(環境省「平成29年度犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況」より)

捨てられたり、置いていかれたり、取り残されたり、見て見ぬふりをされたり‥

また、外で生活する飼い主のいない猫は寒さや暑さ、空腹に苦しみ、交通事故や虐待によって命を落とすことだってあります。

「しゃーねこ家」は、3.11福島でのレスキュー経験から「1匹でも多くの命を救いたい」と、活動をはじめました。

メンバーは愛玩動物飼養管理士を中心に、それぞれが仕事の傍ら、保護猫活動に取り組んでいます。

 

たとえば、

・飼い主のいない猫の保護、里親さん探し

・TNR活動※

・迷子猫探し

・ペットシッター

など

 

※TNRとは、Trap(捕獲をする)→Neuter(避妊・去勢手術をする)→Return(元のテリトリーに戻す)のこと。

避妊・去勢手術済みの目印に、動物病院で耳の先をVカットします。麻酔下の施術なので猫は痛くありません。

飼い主のいない猫を増やさずに、一代限りの命を地域で見守り、人と猫の共生を図る方法です。